爪を削らない(サンディング不要)ジェルネイルキットはありますか?

MENU

爪を削らないジェルネイル(ノンサンディングジェル)

ジェルネイルはジェルがよりよく密着するように、サンディングが必要というのが当たり前。それが常識でした。

 

しかし、サンディングをすることで爪の強度を弱くしてしまうとか、わざと傷をつけることがあまりよくないといわれたため、最近はサンディングをしなくてもいいジェルネイルが注目され始めています。

 

ジェルネイルはサンディングをすることで密着性を高めてより持ちのいい状態を保っているので、サンディングをしないとなるとネイルのもちが気になりますよね。

 

すぐに剥がれてしまうのでは?と思いがちですが、決してもちが悪くなるということはありません。

 

密着性の高いジェルがサンディングを必要としないジェルとして使われていますので、もちもよくてジェルネイルを存分に楽しめます。

 

爪を削らないジェルネイルキットでで有名なのはジェリーネイルがあります。キットでワンセットになっててお買い求めしやすいでしょう。それとparagel(パラジェル)も人気が出てきました。

 

 

爪を削ると爪の不健康に

 

ジェルをずっとつけつづけていると、爪が薄くなってしまった…というトラブルってよく聞きませんか?

 

これは全てサンディングのせいです。ジェルをつけるたびに表面を削っているのですから、薄くなるのも当然です。

 

薄くなるとちょっとの衝撃で爪に痛みが走るとか、染みて痛いなどの問題が発生しますので、ジェルネイルをおやすみしなくてはならなくなります。

 

薄くなっている爪は不健康ですから、次に健康な爪が伸びてくるのにも時間がかかってしまいます。

 

できるだけ爪を傷めないようにジェルが楽しめるほうがいいため、サンディングをしなくてもいいジェルが人気になってきているのでしょう。

 

気をつけたいのが、サンディングは必要ないけれど、密着しやすいように爪を溶かしてしまうようなノンサンディングジェルです。

 

サンディングが不要なジェルネイル=爪に優しく安全というわけではないのです。

 

サンディングが必要ないけれど、その分そのジェルが爪を溶かして密着率をあげているだけのこと。これは爪を知らないうちに薄くしていきますので、サンディングしているのと同じです。

 

まだまだサンディングが必要となるジェルも多いです。ジェルネイルをプロにやってもらう場合はプロもある程度爪を傷つけないように工夫して行うのでまだダメージは少ないですが、自分でやる場合は無理に傷をつけるサンディングを行ってしまう傾向があります。

 

限度がわからないと思いますので、傷をつけすぎてしまうのでしょう。そうしたトラブルを防ぐために、セルフのジェルネイルはサンディングをしなくてもよく、爪を削らないジェルネイルキットで自分の爪に負担をかけないものを選ぶと、長くジェルネイルを楽しめる場合もあると思います。