ジェルネイルをオフするには

MENU

ジェルネイル:自分でオフできるジェルネイル

自分でジェルネイルをオフする方法もありますので、正しい方法を把握して爪を傷つけないようにしましょうね。無理に削ってしまうと、爪を傷つけてしまうこともありますよ。

 

ソークオフジェル、ソフトジェル

ソークオフジェルネイルは専用のリムーバーがありますので、最初に用意しておきましょう。若しくはアセトンでも構いません。その他に用意するものはアルミホイルとコットン、バッファーなどのネイルの表面を削るものとネイルを落とす時に使うウッドスティックです。

 

ジェルネイルをオフする方法としては、最初にバッファーを使ってネイルの表面に傷を付けていきます。コットンを爪の大きさに切り、リムーバー若しくはアセトンをしっかりと染み込ませます。コットンを爪の表面に乗せて、アルミホイルで指を包んでください。この状態で15分ほど時間を置きます。時間は商品によっても異なりますので、事前に確認しておくと良いですね。

 

表面がひび割れた状態になっていたら、ウッドスティックを使って丁寧に爪を傷つけないように注意しながら、ネイルを剥がしていきましょう。それでもまだジェルが残っているようであれば、もう一度コットンにリムーバーを染み込ませて、アルミホイルを巻くという方法でやり直してください。

 

ハードジェルのオフ

ハードジェルネイルはオフの方法が異なります。アセトンでは溶けないため、ネイルファイルを使って削っていく必要があるのです。この時、爪にダメージを与える可能性も高いですから、慎重に削って下さいね。

 

このような方法により自分でジェルネイルをオフすることはできますが、初心者の場合は爪への負担を考えると、ハードタイプは避けた方が良いでしょう。