爪が割れる理由とその予防

MENU

爪が割れる方は参考にしてみてください

爪の強度には個人差があります。強い爪の人なら、少しぐらい伸びても爪が割れてしまう事はありませんが、爪が弱い人だと、少し伸びてもすぐに割れたり折れてしまったり、場合によっては遊離線よりも内側の部分にひびが入ってしまう事もあります。

 

爪が割れる原因をいくつか

 

  • 爪が割れる理由にはいろいろあり、年齢のために新陳代謝が低下することが原因になったり
  • 冷え性で爪のような末端部分まで十分に栄養素や酸素が行き渡らないことが原因になることもあります。
  • また、ダイエット中などで栄養不足だと爪には十分な栄養素が行き渡らなくなりますし
  • 病気が理由の場合もあります。

 

爪は手足の指についている末端部分の器官なので、爪が割れるぐらい大したことないと思っている人は少なくありません。

 

しかし、爪は指先を保護している大切な役割を担っていて、爪が割れてしまうと日常生活にも大きな影響が出てしまったり、外部から雑菌が入り込んで炎症を起こしたり化膿するなどのトラブルの原因にもなってしまいます。

 

爪の割れを予防するには

 

健康的な食生活

 

爪が割れてしまうのを予防するためには、まず毎日の食生活では栄養のバランスを考えて、ミネラルやビタミン、そしてたんぱく質を積極的に食べるようにしましょう。

 

ダイエット中だとたんぱく質を制限してしまう人は多いですが、爪の健康のためには動物性たんぱく質も植物性たんぱく質も両方必要になりますから、栄養バランスの取れた食生活を心がけたいものです。

 

血行不良も爪にとっては良くありません

 

冷え性でも、ダイエットによる栄養失調でも、爪に十分な栄養が行き届かないと健康的な爪を作ることができません。

 

手足だけでなく、体全体が冷えないように、普段からシャワーでなくお風呂の湯船に入るように心がけたり、冷やさないように靴下をはいて体を温めるなどの工夫するのも良いでしょう。

 

ネイルアート、ジェルネイル

 

爪が割れやすいうことは、爪がそれほど健康ではないということです。そのため、爪にダメージを与えるネイルアートなどは、できれば控えたほうが良いでしょう。

 

マニキュアやソフトジェルネイルなどは、ネイルを落とす時に自爪を削ってしまわないので問題ありませんが、人工爪は落とす時に自爪を削って爪が薄くなってしまうリスクが高いので、爪が割れやすい場合には控えたほうが無難です。

 

爪がどんどん薄くなってしまうと、ネイルアートのジェルを乗せただけでもシミて痛い、なんてことになりかねません。爪は10日に1ミリ程度伸びるので、爪の質が改善してからまた思う存分ネイルアートを楽しむようにしましょう。